シミウスの副作用は危険?

シミウスは、メビウス製薬楽天市場店でも販売されています。シミウスは、楽天市場店の今月の人気ランキングで、いつも1位か2位を獲得しているんですよ。おまけに5周年のロングセラー商品。

 

といっても、シミウスはシミ対策の美白ジェルなので、敏感肌の人や化粧品で肌荒れを起こしたことのある人は、副作用の危険性が心配かも。美白→成分が強い→肌荒れという連想で、美白というだけで危険な副作用はないか、と思って敬遠しがちな人もいます。

 

実は、副作用の危険性を心配する人ほど、自分の肌に合う美白化粧品が見つかったら、すごく綺麗な美白が実現するのです!

 

美白に慎重な人って、保湿重視の方に向かいます。保湿十分の肌には、美白成分ってすごく浸透しやすいからなのです。なので、いったん自分に合う美白化粧品を見つけたら、それはそれは美肌になれます。

 

楽天市場店にのっているシミウスのくわしい成分のなかで(残念ながら公式サイトにはのっていないので)、敏感肌の人や化粧かぶれを起こしたことのある人が心配する成分があるか、みていきます。参考にしてください。

 

・有効成分 グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキス
プラセンタの名前を知っている人は多いですよね。栄養たっぷりの哺乳類の胎盤から抽出された成分で、たくさんの効能・効果がある成分です。厚生労働省が美白成分として認可している成分で、いろいろな化粧品に配合されています。

 

シミウスは医薬部外品なので、効果がでるぐらいのプラセンタの配合量を含んでいる、と認められています。

 

一方のグリチルリチン酸ジカリウムって一番最初にのっていて、一番配合量が多いのに、あまり注目されない成分ですね。この成分は、漢方で有名な甘草(かんぞう)に含まれている成分です。甘草には炎症を鎮める抗炎症作用があって、炎症を起こしやすい敏感肌の人を守ってくれる成分です。

 

・水溶性コラーゲンとシコンエキス
有効成分の次にあるのは、その他の成分です。その筆頭にあるのが水溶性コラーゲンとシコンエキス。コラーゲンを含んでいる化粧品は多いですが、コラーゲンそのものは吸収されにくいので、水に溶かした状態のものを配合します。これを水溶性コラーゲンといって、コラーゲンを含む化粧品には必ずといっていいぐらい含まれています。

 

次は、注目のシコンエキス。紫根石鹸とか、手作り紫根化粧水といって、はまっている人はいますね。一番の効果は、加齢で遅れがちな肌のターンオーバーを整えて肌荒れを治してくれるところです。

 

・カモミラエキス
ずらっとのっている植物エキスの、終わりぎわにのっています。カモミールは知っていますよね。キク科のカモミール(カミツレ)の花から抽出された成分です。非常に肌に優しい成分で、保湿効果があるだけではなくシミ・そばかすの改善も期待できる成分です。

 

・パラオキシ安息香酸メチル
最後の方にのっている成分です。これが、いわゆるパラペンになります。メビウス製薬は、パラペンを使っている、ということを公言しています。パラペンのような防腐剤がなければ、化粧品の成分は、ふたを開けるたびに腐敗が進み、一週間ぐらいでダメになってしまう。パラペンのなかでもパラオキシ安息香酸メチルは一番毒性の低いものだから使っている、ということのようです。

 

いかがですか。シミ対策の美白ジェルの場合、心配な方は、やはりパッチテストをしてから購入した方がいいですね。シミウスの公式サイトの定期便は、回数縛りのない解約でいつでも解約できますし、30日間返金保証もついているので、1個、お試し感覚で購入できます。敏感肌の方や化粧品で肌荒れを経験した方のパッチテストのようにも使えますね。シミウスの公式サイトを参考にしてください。